去年の冬に仕込んだ味噌の熟成が進んで、私好みの渋い感じになってきました。

このまま行くと醤油になるかな?

もともとは味噌や梅干しを手作りするような「ていねいな生活」なタイプとは程遠い私。

田舎にきてからは大豆をたくさんいただけるようになったことと、「ていねいな生活」タイプの方と多く知り合いになったことから、味噌と梅酒だけは作るようになりました。

梅干しは大変なので踏み切れず・・^^;

手作りの味噌は市販のと違い殺菌処理がされていないので、気をつけないとカビが生えてしまいます。

けれど、殺菌していない味噌は酵素が強く生きているため、健康には手作りのほうがいいとのこと。

また、家族の手作り味噌は家族の手の常在菌が含まれているので、その家族の体質にあった味噌に仕上がるという話も素敵です。

いまうちにある味噌は息子が主にこねたり丸めたりしたので、息子の菌が生きていると思うとなおさら愛おしい気がします・・!

何年か前まで、こんなことをしたり考えたりするなんて考えられないことでした。

離婚と移住で、思えば遠くにきたもんだ。

 

さ、明日から子供は学校です。

気が重いだろうから、朝ごはんはちょっとだけ良くしてあげようかな。