シングルマザーも採用ゲット!のための履歴書の書き方とポイント

ブランクがあったり職歴が少なかったりでも採用を勝ち取れるよう、シングルマザーの就職活動の第一歩、履歴書の書き方のポイントです。

シングルマザーが履歴書を書く前に

自分にあった履歴書を選ぶ

今は100円ショップでもインターネットの無料ダウンロードでも履歴書のフォームは手に入りますね。

面接する会社から指定がないかぎりはどのフォームを使っても大丈夫です。

ただ、資格や職歴でアピールポイントがたくさんある人はA4サイズ、書くことが少なめの人はB5サイズというのが一般的なおすすめのサイズです。

 

(注意して欲しいのは、A4、B5といっても、「二つ折りにしてA4、B5」という意味です。

私の友人は、これを勘違いしてA4のコピー用紙二枚にダウンロードしたものを持参し、「あれっ」と言われたそうです・笑)

 

私は書くことが少なめな方が書きやすいので、B5ならこのタイプを選んでいます。

ダウンロード版は、ハローワークのサイトにもあります。

手書きかパソコンか

パソコンで履歴書を作成する人も増えていますが、手書きの方がまだ多いようです。

また、人事担当者に昔ながらの手書きを重視する人もまだまだいます。

(私は田舎に住んでいるので、ハローワークの人から「絶対手書き」と言われました。

本当は、パソコンで作った方が修正もできるし、コピーもできて楽ですが・・。)

手書きを重視する人の考える理由は、字のきれいさが仕事に関係する場合や、丁寧に書かれているかどうかで人となりを見たいから、ということ。

ただし、パソコンのスキルを必要とする採用の場合は、パソコンできれいに作成された履歴書はアピールポイントになります。

応募する企業をよく見て、どちらがいいか判断しましょう。

お手本を一枚作っておく

最初からミスなしで書くのは難しいので、お手本となる一枚を作っておきましょう。

なかなか一回では仕事は決まりませんし、ね。

一画一画ていねいに

きれいに書く必要はありませんが、相手が読みやすいように一画一画を丁寧に書きましょう。

悪筆でも、ていねいに書いてあれば印象は違ってきます。

修正はNG

どんなに綺麗にテープや修正液で直しても、誤字の修正はNGです。

職務経歴書とカバーレター

カバーレターは必須ではないですが、あったほうがていねいな印象を与えます。

少しでも効果がありそうなことはできるだけやりましょう。

カバーレターのテンプレートはこのサイトに載っているのが書きやすいです。

カバーレターに自己アピールな内容を書く・書かないについてはいろいろな意見があります。

大きな会社ではカバーレターは基本的に担当者がチラっと見たあとは廃棄してしまうので、アピール的な内容は無意味かもしれません。

ぎゃくに小さな会社や地方ではしっかり見る可能性があるので、そういった内容を盛り込むのもいいでしょう。

母子家庭であること、真剣であることを書くのはいいですが、必死すぎるのも良くないですね。

書いたら誰かに見てもらうなどして、やる気アピールのバランスに気をつけましょう。

職務経歴書はあなたが今までどんな仕事を経験し、どのようなスキルを身につけているかを書くものです。

「結婚後はずっと主婦だったので書くことがない」という人は、地域や学校、ボランティアでの活動実績などを書きましょう。

イベントを企画した、人を取りまとめた、ということでもアピールポイントになります。

職務経歴書のフォーマットは、履歴書とセットで売っているものもありますし、ダウンロードならこのサイトに載っているのがシンプルでオススメです。

履歴書を書く

写真

履歴書に貼る証明写真は、指定のない限りは基本的にはカラー・白黒どちらでもいいのですが、カラーの方が担当者の人には都合が良いので有利という話もあります。

髪を明るめにカラリングしている人は、写真だと実際よりさらに明るく撮れてしまうことが多いので、白黒のほうがいいでしょう。

肌が荒れていたり、顔色が悪い時などのも白黒の方が良い場合があります。

印象の良い写真には、「ブラウスやシャツ、ジャケットなどのえりのある服」と「歯の見えない程度の笑顔」がポイント

 

証明写真はボックスで撮影するタイプが便利で手軽ですが、あれは最近は結構高いですね・・。

スマホアプリ「履歴書カメラ」を利用すると30円で作れるので、便利です。

学歴・職歴

学歴は中卒から書くのが基本ですが、地元企業の場合は小学校から書くのも地元志向がアピールできて良いです。

専門学校・短大・大学は、専攻した学科やコースの詳細も。

卒業年度はこのサイトをみるとわかります。

職歴は企業名だけでなく、具体的にあなたがどんな仕事をしていたかを書きます。

いままでに転職の経験が多い場合は、必ず全部書かなければならないということはありませんし、印象がよくありません。

長く勤めたところだけをいくつか書くのでもOKです。

志望動機

「生活のため」「お金が必要」「母子家庭だから」のように、お金のことや自分の都合を前面に出さないようにします

「貴社のサービスを前から知っていて、興味があった」のように、具体的な体験をまじえて「どうしてその会社で働きたいのか」「その仕事がしたいのか」を書くようにしましょう。

趣味・資格

「読書」「映画」のようにだけ書くと印象に残りにくいうえ、記入欄の余白が大きくなってしまいます。

「テニスが趣味です。月に二回、市のサークルで汗を流しています」「映画鑑賞です。最近では自然をテーマにした映画をよく見ます」などのように具体的に書いたほうが意欲的な印象になります。

資格は、まだ取得していなくても「日本商工会議所簿記2級取得のため勉強中」と書くことができます。

資格の名前は「英検」「漢検」のように省略せず、正式名を記入してください。

健康状態

仕事に影響がなければ、持病などを細かく書く必要はありません。

「胃腸が弱い」なんて書かなくていいです。

本人希望欄

採用されてから「話が違う」ということがお互いにないように家庭の事情をここできちんと書きますが、「時々は残業できる」「月に一度ぐらいなら土日出勤もできる」のように、希望ばかりでなく柔軟な姿勢もしめすようにします。

履歴書の出しかた

履歴書は折ってはいけないということはありませんが、折らない方がやはり印象がいいです。

封筒には、表には手紙のように宛名を書き、裏にはあなたの連絡先を書きます。

そして表側の左端に「履歴書在中」と赤で書きます。(こちらを参考にしましょう)

入れ方は、まず履歴書を無色透明のクリアファイルに入れてから、同じサイズ用の白い封筒に入れて提出します。

担当者に履歴書を渡す時は、封筒から出してクリアファイルにだけ入った状態の履歴書を手渡すと、担当者の手間が省けて印象がいいでしょう。

受付の人や郵送の場合は封筒で提出します。

まずは履歴書で入り口突破!

履歴書って、手書き重視だったり、写真や封筒にもマナーがあったり、修正は認められなかったり、面倒くさい・・ですが、まず書類が通らないことには始まりませんね。

シングルマザーはただでさえ不利なのは事実・・・履歴書の段階から少しでも「ていねい」「誠実」「活発」をアピールして、印象が良くなると言われていることはすべてやってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です