私が思う、シングルマザーが「節約すべきことと」「節約すべきでないこと」についてです。

ひとことでいえば、健康については出し惜しみすべきでない出費で、ストレスによる衝動的な出費は抑えたい出費です。

シングルマザーが節約すべきこと

疲れたから、の外食

疲れて何もしたくないと、つい先のことは考えずについ「安いけれどおいしくもない外食」でお腹を満たしてしまったりします。

わたしも以前はよくありました。

「疲れた・・もう作るのも洗うのも嫌だわ」と入った格安ファミレスでの夕食。

安いからと思って入っても、伝票をみるとなんだかんだと数千円の会計に、

「たいしておいしくもないのに、こんな食事に数千円も使っちゃった・・」

と後悔しても後の祭り。シングルマザー,節約

私は外食自体は大好きなので無駄だとは思いませんが、どうせお金を払うなら体調万全のときに、とっておきのものを食べたいと思いませんか?

こうしたことを防ぐために、疲れている時はコレを食べようというものを決めておくことにしました。

我が家の場合は、災害時の備蓄に普段でも食べやすいものを揃えているので、それを食べることにしています。

ときどき食べて補充することで、期限切れも防げるのでローリングストック(消費と補充を繰り返して備蓄品を新しく保つこと)にもなっています^^

防げる損害は防ぐ

以前、学童の迎えの時間が延長料金ギリギリだったことに焦り、スーパーの駐車場で他の方の車に接触して傷をつけてしまったことがあります。

また、乗りたいバスに間に合わないとタクシーしかないからと、大慌てで走って携帯を落とし、壊してしまったことも。

いずれも、あわてて事を仕損じたことによって発生した無駄な出費の苦い思い出です。

これを節約と呼べるのかはわかりませんが、少々の出費を抑えようとしたあげくに余計にお金がかかるようなことはないよう、今では気をつけるようになりました。

シングルマザー,節約

とくに自動車の運転。

仕事や約束に遅れそうになるとつい荒い運転になりますが、あせって事故を起こすと時間には絶対に間に合わないどころか手痛い出費になります。

ひとりで生活を回しているシングルマザーは毎日時間に追われて大変だと思いますが、私のようにならないように、どっちのほうが損なのか考えて行動してほしいです。

過度な保険

「母子家庭なのに、病気になったらどうしよう」と心配になる気持ちはよくわかります。

ただ、所得の高い一部を除くひとり親家庭なら、どの地域の母子家庭でも医療費は無料か数百円の負担になっています。

自分が病気になったり、子供が病気になって看護が必要であなたが働くことができなくなったときは役所で生活保護の受給を認められる可能性も高くなります。

あれやこれやとあらゆる心配をしすぎて普段の生活を圧迫するほど多くの保険をかけるなら、そのぶん貯金をしながら、もしもの時は子供を助けてもらえるように元夫や元義父母、あなたの親や親戚との関係を良好にする努力をしたほうがいいです。

 関連記事  このページを読んだ人は次の記事も見ています↓
私が元夫と元義父母への悪感情を手放すことができた、あるきっかけ

シングルマザーが節約すべきでないこと

食費

シングルマザーだけでなく、いろいろな人が雑誌やネットで家計簿を公開しています。

中には、「家族三人で月一万円!」とか驚くような節約家の人もいますが、ちゃんと栄養を取れているのかなといつも疑問・・。

いくら安くても、枯れ始めた野菜には栄養が残っていないし、賞味期限の近づいた加工品は酸化していることもあります。

贅沢な食材は買わないけれど、「ただ空腹を満たすだけの外食」の費用は抑える代わりに、普段の食事は簡単でもいい素材のものを食べたい。

そこはむやみに「一日何百円以内」の枠にはめたくありません。

シングルマザー,節約

添加物も農薬も入っていない品質のいいものは、安いものより高くつきます。

でも、病気になる可能性を下げることができるなら結局そっちの方が安くつくのでは。

それに、健康であれば子供も勉強が頭に入りやすくなるし、ママも肌や髪が綺麗になって、塾だのコスメだのにお金をかけなくて済むと思うのです。

「豪華な一点」

他の人から「無駄だ」と言われても、あなたがとても好きで、あなたの気分をアゲてくれるものなら、「一点豪華主義」は無駄ではないと思います。

例えば、どうしてもヴィトンの財布があなたにとっての「それ」で、以後5年間その財布を取り出すたびに気分がよくなるのなら、それは贅沢や無駄とは呼ばなくていいのでは?

私たちシングルマザーは、今後の子供のための資金や自分の老後のことも見すえて、毎日を過ごしています。

ただ、生きるって、将来の事を考えてるばかりではないですよね。

今この瞬間だって人生の一部です。

あなたが大好きで、あなたの生活に光を与えてくれるものをひとつ持つことで日々を頑張れるなら、それは無駄じゃないと思います。シングルマザー,節約ちなみに私にとっての「一点豪華主義」はAppleの製品。

ずっと格安スマホで我慢していましたが、今年の年始にAppleが初売りをしたとき思い切ってiPhoneを買いました。

その冬はそのあと服は買いませんでしたが、iPhoneで満足していたのでまったく気になりませんでした。

お金の使い方に口を出す人がいないシングルマザーの節約は自分しだいですが、人生を楽しみつつ、健康に気をつけつつ頑張っていきましょう