【シングルマザーの仕事としてのデメリット・メリット】介護の仕事

介護の仕事はシングルマザーが選ぶ職業の代表的なものの一つになっています。

他の人のためになる仕事という反面、待遇面の遅れや仕事内容のきつさが指摘される仕事ですが、シングルマザーの仕事として見たときのデメリット・メリットに焦点をあてて考えてみました。

シングルマザーが介護を仕事にするデメリット

子供が小さいときは大変

気力・体力・思いやりが必要な介護の仕事は、まさにそれを実践中の子育て中のシングルマザーには向く仕事と言えます。

反面、家での育児にも体力を必要とするような小さな子供がいる場合は、帰宅後も体力を使うため、体的にきつい事も。

また、休むと周りの人にダイレクトに負担がかかる仕事のため、子供が病気になったときの預かり体制が整っていないと、続けていく事が難しいです。

ただ、こうした事情はシングルマザーだけではありませんので、保育施設・病児保育施設ともに備えた病院などの職場もあります。

負のオーラを受け取りがち

ケアをするのは可愛いお年寄りばかりではないのが現実です。

体が思うようにならない苛立ちを介護職員にぶつけてくる高齢者もいます。

高齢者を抱える家族の本音などの実情を目の当たりにして、負のオーラを受けてしまう事もあります。

ただでさえ、自分の状況も大変なシングルマザー。気持ちの切り替えが得意でない人には辛いかもしれません。

 

給与が低い

汚れ仕事もあり、体力的にもきついのに給料も安いというイメージの介護職。

業界ごとの賃金や労働環境を知る資料のひとつとして、厚生労働省が毎年発表している「賃金構造基本統計調査」があります。

この調査で産業中分類別・フルタイム従業員(正社員以外も含む)給与水準がわかるのですが、介護事業は24.42万円となっているので、だいたい手取りで20万円弱が全国的な水準となっています。(ライブドアニュースより)

たしかに、仕事内容から言って低めですね・・明記されていませんが夜勤を含んでこの金額という可能性もあります。

「介護」「保育士」「工場」・・”女の職場”でうまくやるコツ5つ

シングルマザーが介護を仕事にするメリット

資格・経験・学歴を問わずにできる

介護の仕事には業務によって多くの資格が必要とされますが、現時点で資格がなくても介護現場には仕事があります。

働きながら資格を取る事も十分可能で、資格取得費用を負担してくれる派遣会社もあります。

これについては記事の終わりの方でまた書きます。

正社員の可能性がある

中途入社かつ子供もいるシングルマザーが正社員になるのはかなり大変ですが、人出不足の介護職なら正社員も十分狙えます。

子育て経験者に向く

利用者の着替え・食事・入浴を手伝ったり、汚れたものを片付けたりするため、子育てのなかで同じようなことを経験してきているシングルマザーは仕事になじみやすいです。

他にないやりがいがある

ある介護福祉士さんが

「形としての見返りは少ないけれど、思いを返してもらえる仕事です」

と言っていました。

また別の方は、

「世の中の『いない事にされている人たち』のためになれる仕事」

と言っていました。

売り上げや成績という結果はかえってこないものの、ほかでは得がたいやりがいがある仕事です。

将来的なキャリアアップが描ける

キャリアに応じて段階的な資格が設けられている介護職では、取得した資格に応じて資格手当がついたり、管理職になるというステップアップのチャンスがあります。

子供が小さいうちは仕事をセーブ、成長してきたら仕事を増やしていく。

そのうち資格をとってさらに上のポジションへ・・という先の目標をもって働く事がシングルマザーにも可能です。

また、介護業界では「富裕層向けの介護サービス」というジャンルが成長しています。

優秀な介護職の人には今までの介護職の待遇の常識をくつがえすようなチャンスがないとも限りません。

 

人のためになる仕事という理想に破れてやめていく人が多い反面、「やってみたら意外と自分に合っていた」という人が多いのもこの仕事の特徴です。

資格がなくても働けるところも

シングルマザーの仕事としてメリットの多い介護職。

興味のある人は資格なしでも働けるところで現場を知ってみるというのも良いのでは?

介護系派遣会社の「かいご畑」では未経験・資格なしで介護の仕事につくことができ、資格を取る費用サポートも受けられます。

暗いイメージばかり受けがちな介護職ですが、興味があるのであれば、まず飛び込んでみて自分に合うかどうかを考える方が本当のことがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です