シングルマザーが仕事を探すときの準備② 仕事選びの条件を考える

シングルマザーの仕事探しは、選ぶための条件がつい多くなってしまいます。

こういう時は、頭の中だけで考えているとごちゃごちゃになってしまいループ状態になってしまいがちなので、順番を追って考えていくことがたいせつです。

ここでは、シングルマザーに合った仕事の探しかたについて解説します。

シングルマザーが仕事を選ぶ条件はまず「できないこと」から

「どういう仕事がいい?」と聞かれると、

「給料が良くて、正社員で、完全週休二日制で、社会保険完備で・・・」

といくらでも条件が出てきますが、そんなところはシングルマザーでなくてもなかなかありません。

 

シングルマザーが仕事を探す時には、まず「できないこと」を考えます。

できないこととは、次のようなことです。

  • 土日の勤務
  • 残業
  • 持ち帰り仕事
  • できない(向いていない)職種

おそらく時間(休み)に関することがほとんどでしょう。

実家で子供を見てもらうことができる人などの土日も託児が利用できる環境にある人なら、土日をふくめて働くサービス業や工場など、職種の幅は広がります。

夜に学校に通う予定の人や夕方以降の託児は不可能ですね。

残業の代わりに家に持ち帰るというのも、できる人とできない人がいます。

 

できない職種というのも重要です。

人見知りの激しい人が営業をしたり、腰痛のひどい人が介護ワークをしたりすることは、生活のためとはいえできないことです。

希望する条件

次に、希望する条件をあげます。

  • 給料の金額
  • 休日
  • 残業の有無
  • 勤務地
  • 職種
  • 社会保険
  • 託児所がある
  • 将来性

給料の金額が最優先の人は、「最低これだけは欲しい」という金額を自分で設定します。

「今は給料は低くても、子供との時間を優先したい」という人は時間が優先順位の一番になります。

「子供に何かあったらすぐ駆けつけられるよう、近くがいい」

「子供のそばで働きたいから、託児が併設されているところ」

「ずっと雇ってもらえそうなところ」

「キャリアが積めるところ」

「事務職がしたい」

「人に関わる仕事がしたい」

など、条件をあげてみてから、優先したい順番に並べます。

4番め以降はあいまいでもいいですが、3番めまではしっかり決めます。

正規か非正規か

正規雇用ということを優先にあげる人もいるかと思います。

「安定第一、とにかく正社員」

シングルマザーならこう考えて当然です。

ただ、求人の中には、非正規でもその他の条件がよく、自分で社会保険を全部払ってでもいいのでやりたい仕事や、今後役に立ちそうなキャリアが積めそうなところ、資格取得を応援してくれるところなどがあることがあります。

最初の段階で正規・非正規で振り分けてしまうともったいないので、仕事を探す時は両方見ていくことをおすすめします。

最優先事項から仕事を探す

自分のできない事と最優先事項がわかったら、その二つの条件と求人情報を見て、仕事を探します。

「できない事と、あとは一番の優先項目・・それだけ?」

と思うかもしれません。

やってみるとわかりますが、この条件からだけでも、候補を選ぼうとするとそれほど多くの候補は残りません。

候補がいくつか決まったら、残りの優先事項とあわせて候補を絞ります。

「理解のある職場」か?

これは求人の詳細ではわからない事ですが、

「母子家庭に理解のある職場かどうか」

ということも、今後働き続けるうえで重要です。

子供がインフルエンザやノロウイルスにかかった時にまで預かってくれる人はあまりいないので、あなたが数日間休むしかありません。

また、親子参観日や雨で運動会が平日に振替されてしまった時も、代理の人ではなくやはりママ自身で行ってあげたいですよね。

どんなに託児体制が整っていても、子供がいる以上は休まなければならない時はありますから、母子家庭に理解のない職場でシングルマザーが働くのは辛いものです。

仕事を探す時は、

「シングルマザーであることに理解がありそうか」

「その職場にシングルマザーがいるか、または雇用実績があるか」

をハローワークの担当者から聞いたり、面接に行った時に聞いてみるなどしてみましょう。

焦って決めない

お金をかせぐことにばかり気を取られて焦って仕事を決めてしまうと、結局合わなかったり出来なかったりします。

ステップアップでない転職を繰り返す事はしたくないので、「出来ない事は何?」「なにが優先?」という自分なりの条件基準をしっかり持つのがシングルマザーの仕事選びの成功につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です