いよいよ12月。

アマゾンも配送条件に「クリスマスまでにお届け」なんて言葉が表示されるようになってきました。

うちでは、一番目と二番目の子供には、中学生になった時に

「中学生にはサンタクロースはこないよ」

と宣言しました。

二人とも女の子なので、なんとなく気づいてはいたけれど空気を読んでいたようです。

「ああやっぱりね。わかったよ。」

という感じであっさり終わりました。

 

シングルマザー,クリスマス,サンタクロース

 

今年は、小4の息子から、ある日いきなり

「ねえ、おかあさん、サンタクロースって本当はお母さんなんじゃない?」

と言われました。

実は、息子はこう言ってくる日がくるかなぁと思い、私なりに正直な答えを用意してありました。

 

わたし「お母さんはサンタクロースじゃないけど、毎年プレゼントを置いていたのはたしかにお母さんだよ。

ただ、だからといってサンタクロースがいないって決まったわけじゃないと思う。

いるかもしれないし、いないかもしれない。

世の中に”絶対”っていうのはないからね」

 

息子「エーーッ!!」

 

息子は驚いていましたが、なんとなくスッキリした様子。

 

わたし「でもさあ、楽しくサンタを待っている子もたくさんいるから、今の話は他の子にはしないで」

息子「うん、わかってる」

わたし「・・というわけで、お母さんが用意しているのはわかったから、高いものはお願いしないでね」

息子「・・・」

 

これでよかったのか悪かったのかはわかりませんが、アマゾンで買ったプレゼントをコンビニ受け取りに指定して、こっそり取りに行く手間はなくなったなァと思った日曜日でした^^;